ロッテ レアードが長期離脱へ 井口監督「今年中に間に合えばいいかな」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

治療のため帰国したレアード
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードの長期離脱が必至となった。

 腰痛の治療で16日に米国へ帰国した助っ人について、井口監督は「今年中に間に合えばいいかな。米国の病院の診断で手術とかになれば、しばらく戻ってこられなくなる」と説明。開幕を4番で迎えて9試合で5発をマークしたが、7月以降は足がしびれるなどの症状が表れて、わずか1本塁打と低迷していた。

 米国からの報告を待って再来日のタイミングを計るが、手術となれば今季中の復帰は絶望的だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース