白樺学園 敗れるも片山「切れのある真っすぐは投げ込めた」今後はプロ志望届提出へ

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   白樺学園3―8山梨学院 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<白樺学園・山梨学院>力投する白樺学園先発の片山(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 白樺学園は5投手の継投を決めて臨み、最速148キロのエース・片山楽生(らいく、3年)は5回2失点。この日最速は142キロでチームも敗れたが「切れのある真っすぐは投げ込めた。試合をつくれた点は良かった」。今後はプロ志望届を出す方向だ。打線は山梨学院の1年生投手リレーに苦戦。戸出直樹監督も「大事な場面で打つというところで差が出た」と脱帽したが、5回に川波瑛平(3年)が中堅左に大会3号となるソロ。「途中で打球を見失って、審判の方が大きく手を振っていたので、入ったんだなと」と語った。

 同校は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、首都圏と大阪に旅行した際の2週間の自宅待機を決めており、野球部も例外ではない。今月末まで部活動を停止して寮を閉鎖。新チームは9月1日から始動する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース