尽誠学園・菊地柚 猛攻呼んだ2回の決勝打 どん底の日々回顧「笑って校歌歌えるなんて」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   尽誠学園8-1智弁和歌山 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 尽誠学園・智弁和歌山>2回1死満塁、走者一掃の勝ち越し適時二塁打を放ちガッツポーズする尽誠学園・菊地(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 主将として先頭に立ってやってきたことが報われた。尽誠学園の菊地柚は1点を追う初回先頭で左前打し同点の生還を果たすと、続く2回は1死満塁から決勝の3点二塁打。強力打線が代名詞の智弁和歌山のお株を奪う13安打8得点を呼び02年夏以来、18年ぶりに甲子園で勝利を挙げた。

 「あのときは甲子園で笑って校歌が歌えるなんて思わなかった」

 出場を決めていた今春選抜大会は中止。「ならば夏で」と気持ちを切り替えたところで選手権大会も中止に。「チームも僕もどん底だった。(最初は)周りに声をかけられなかったが、ちょっとずつ様子を見て…」。選手として悔し涙を流す一方、主将として「やる気にならん」と落ち込む仲間を「もうちょっとだから頑張ろう」と自分に言い聞かせるように励ました。

 各都道府県高野連主催の代替大会や甲子園での交流試合開催が決まると「強い尽誠を取り戻す」を合言葉に再び全員が同じ方向を向いた。「圧倒して勝つ」と臨んだ代替大会は準決勝までの全4試合コールド勝ちで優勝。勢いを持って聖地に乗り込み「打倒智弁和歌山」も果たした。

 「今日は全員が束となって、やってきたことがすべて出せた。いろんなことを経験して、強い気持ちを持てるようになった」

 失ったものも大きいが、得た財産も大きい「特別な夏」だった。(田中 想乃)

 《4番・仲村は親子2代で甲子園出場》父に続いて聖地の土を踏んだ。4番・仲村光陽が適時二塁打2本で2打点。9回にはマウンドに上がり1回無失点で試合を締めた。父・耕三氏も同校OBで92年夏の甲子園では3番打者として20打数7安打で4強入りに貢献。父超えを目指していたが「楽しかった。父と同じ場所に立てたのは素直にうれしいけどチームの勝ちが一番うれしい」と、充実した表情を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース