コロナ禍で東京六大学春季リーグ戦全日程終了 秋も勝率制継続

[ 2020年8月18日 16:10 ]

<東京六大学野球春季リーグ閉会式>東京六大学野球連盟・井上理事長(左)から優勝旗を授与される法大・羽根(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球春季リーグ戦は18日、早大―東大戦をもって全日程を終了した。

 コロナ禍で約4カ月遅れの8月10日に開幕。1試合総当たり制を採用し、日程を短縮して実施した。

 リーグ独自の感染拡大防止ガイドラインを策定し、上限3000人の有観客で開催。球場にサーモグラフィーや自動検温機器などを設置して全入場者を検温を実施した。発熱の疑いなどで入場を断ったのは3人だったという。対象者のチケットは払い戻された。

 連盟の内藤雅之事務局長は「6校を始め、全員がコロナ対策に協力し、無事リーグ戦を終えられたことはうれしく思う」とした上で「秋のリーグ戦は10試合勝率制となる。なんとか無事に終えられたら」と述べた。

 有観客で試合を実施したモデルケースとして、他の競技団体からの視察も相次いだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース