東海大相模 長距離砲カルテット不発 山村主将、独自大会Vへ「悔しい気持ちをぶつける」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   東海大相模2―4大阪桐蔭 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<大阪桐蔭・東海大相模>試合終了後スタンドにあいさつする東海大相模ナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 東海大相模・鵜沼魁斗、山村崇嘉、加藤響、西川僚祐(いずれも3年)の長距離砲カルテットはノーアーチに終わった。

 それでも4番の西川は7回、甲子園初安打となる右前打でヒットエンドランを決め、無死一、三塁として一時逆転に結びつけた。「どんな当たりでもいいから、とにかくヒットを打とうと思った」。鵜沼は鋭い打球が野手の正面を突くなど不運もあり無安打。「打たされてしまった」と唇をかんだ。19日には神奈川独自大会準々決勝に臨む。山村は主将として「悔しい気持ちをぶつけて絶対に優勝したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース