大阪桐蔭 2年生左腕の松浦 145キロで甲子園デビュー「気持ち良く投げられて楽しかった」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   大阪桐蔭4-2東海大相模 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 大阪桐蔭・東海大相模>2番手として登板した大阪桐蔭・松浦(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭の2年生左腕の松浦が最速145キロを計測し2回完全投球で甲子園デビューを果たした。

 2―2に追いついた直後の8回から登板。「緊迫した場面だったのでブルペンでは緊張していたけど、マウンドに立つと景色がきれいで、気持ち良く投げられて楽しかった」。今秋ドラフト候補の鵜沼、山村、西川を力のある球で捕邪飛、左飛、遊ゴロに抑えた。

 「藤江さんの粘りの投球を見て、粘りのあるチームは逆転されても最後に勝てると学んだ。新チームを引っ張っていきたい」。1メートル86、80キロの大器が決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース