履正社1番・桃谷 全6試合で安打 決勝でもマルチ「自分のスタイルを貫き通せて良かった」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 決勝   履正社5―3星稜 ( 2019年8月22日    甲子園 )

初回無死、桃谷は奥川の前に遊ゴロに倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 履正社の1番・桃谷は、今大会の全6試合で安打を記録した。準決勝までの全5試合で安打を放っていた第1打席は遊ゴロ。それでも全打席で初球から積極的に打ちにいって5打数2安打と活躍し「自分のスタイルを貫き通せて良かった」と満足げだった。

 ライバルへの雪辱と全国制覇をともに果たし「両方できたのは凄くうれしい」と破顔一笑した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース