広島 逆転負けで3位転落…長野も不発で打線奮わず…大瀬良7敗目

[ 2019年8月23日 21:20 ]

セ・リーグ   広島1-4中日 ( 2019年8月23日    ナゴヤドーム )

<中・広>6回裏、逆転を許しKOされ降板する大瀬良(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島が逆転負けでDeNAと入れ替わり3位に転落。先発の大瀬良が今季3戦3勝と全て完投勝利挙げていた中日相手に初黒星。5回2/3を8安打4失点で7敗目を喫した。

 大瀬良はこの日も5回までは無失点の好投。プロ初となる月間3度目の完投も期待されたが6回2死から突然崩れた。まずは福田にバックスクリーンギリギリに飛び込む13号同点ソロを浴びるとビシエド、高橋、阿部と3者連続の二塁打により3失点。代わった中村恭も藤井に適時二塁打を浴び計4失点。

 打線も2度の満塁の好機を生かせず1点のみと奮わず。1カ月半ぶりに出場選手登録された長野がいきなり「6番・左翼」でスタメン出場するも2度の好機で凡退するなど3打数無安打。7回からは野間に途中交代となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース