大谷は代打で中飛 連続試合安打「11」でストップ

[ 2019年8月23日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―8レンジャーズ ( 2019年8月21日    アーリントン )

レンジャーズ戦の9回、代打で中飛に倒れたエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルス・大谷はベンチスタートで同点の9回1死一塁で代打起用されたが、中飛に倒れた。その後勝ち越され、3日連続のサヨナラ負け。メジャー自己記録更新中だった連続試合安打は「11」で途切れ、打率は・306となった。

 試合前には敵地のブルペンで投球練習を行った。右肘手術後11度目のブルペン投球で、力の入れ具合は5割程度。座った捕手に計27球、カーブを3球交えて投げた。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース