楽天 弓削 3発7失点で2敗目「投げミスをなくさないと駄目」

[ 2019年8月23日 23:13 ]

パ・リーグ   楽天6―8西武 ( 2019年8月23日    メットライフD )

4回2死、秋山(左)にソロ本塁打を打たれた弓削(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天・先発のドラフト4位左腕・弓削は4回7安打7失点。3本塁打を浴びて悔しい2敗目を喫した。

 「調子は悪くなかったけど、ここぞで失投を仕留められてしまった。投げミスをなくさないと駄目」

 今月6日の西武との前回対戦では、7回4安打無失点の好投で白星をゲット。しかしこの日は初回、いきなり4安打を集められて3失点。3回には中村、4回には木村、秋山に一発を浴びた。

 平石監督は「攻めないと抑えられん、ということ。西武打線はそんなに甘くない。外角一辺倒じゃ抑えられない」と指摘。

 弓削は初回2死二、三塁で山川に左越えの2点適時打を許した。2球目、内角を狙った直球が甘く入ったといい「内角に投げ切れなかった。強力な打線だし、投げ切るところはしっかり投げ切らないと」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース