星稜・山瀬主将 執念の3安打も…小学校時代からバッテリー組んだ奥川を「自分がうまくリードすれば」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 決勝   星稜3-5履正社 ( 2019年8月22日    甲子園 )

7回1死二塁、適時二塁打を放ちガッツポーズの星稜・山瀬(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 星稜打線も終盤に猛追して奥川を必死にもり立てた。2点を追う7回には1死二塁から山瀬が左中間適時二塁打。さらに3番の知田が右前適時打で同点も勝ち越すことはできなかった。山瀬はこの日3安打も悲願の日本一に届かず「駄目な主将だったけど皆がついてきてくれた。このメンバーと日本一になりたかった」と涙が止まらなかった。

 リードでは、小学校時代からバッテリーを組んだエース奥川と甲子園最後の試合。「奥川のおかげでここまで来られたので勝たせてあげたかった」と肩を落とした。奥川は本調子ではなく「真っすぐ、スライダーもいつもの切れではなかった。自分がうまくリードすれば勝てた」と悔やんだ。

 U18高校日本代表では奥川とともに選出された。「上の舞台でもバッテリーを組めるようにこれからも頑張っていきたい」とプロ志望を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース