西武・山川 2点タイムリーで今季101打点!2年連続で大台に乗せる

[ 2019年8月23日 18:50 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2019年8月23日    メットライフD )

<西・楽>初回2死二、三塁、山川の左前適時打で生還した中村(中央手前)と外崎(同奥)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・山川が今季の打点を101とし、2年連続で大台に乗せた。

 初回に外崎の右翼線二塁打で1点を先制し、なお2死二、三塁の場面。弓削の2球目の145キロ直球を思い切り引っ張ると、左越えの2点適時打となった。

 「打てて良かったです」。昨季の124打点に続く大台。115試合目の到達で、もちろんリーグトップだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月23日のニュース