ソフトバンク・工藤監督 ロッテに負け越すも「優勝出来ないというわけではない」

[ 2019年8月23日 22:56 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―3ロッテ ( 2019年8月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>ロッテに敗れベンチでガックリの工藤監督(左)らソフトバンクナイン (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテに3度目の零敗を喫し、今季の対戦成績が6勝13敗となったが、ソフトバンク・工藤監督は「(ロッテに)負け越したからシーズン勝てない(優勝出来ない)というわけではない。それは今後の課題として、目の前の試合に勝つこと」と、前を向いた。

 千賀が7回まで1失点と好投を続けたが、打線が援護出来なかった。指揮官は「1回から気持ちが入っていた。援護してやりたかった。アイツには申し訳ない」と、今季6敗目を喫した右腕を気遣った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月23日のニュース