DeNA・ソトが先制の31号3ラン トップ坂本の目の前で1本差に迫る

[ 2019年8月23日 18:25 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年8月23日    東京D )

<巨・D>初回2死一、二塁、左越え3ランを放つソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのネフタリ・ソト内野手が先制の31号3ランを放った。

 初回、2死からロペスと佐野の連続四球で一、二塁の好機を迎えて最初の打席に入った。桜井の直球を完璧に捉えて左翼席中段に突き刺した。「しっかり前で捉えることができました。連敗していたので、先制することができて良かったです」と頬を緩めた。本塁打トップを走る巨人・坂本の目の前でアーチを架け、1本差に迫った。

 チームは前カードの阪神戦(京セラドーム)で3連敗。首位の巨人とは7ゲーム差とひとつも落とせない重要な一戦で、大事な先制点をもぎ取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース