DeNA梶谷 1軍昇格で即結果!395日ぶり今季1号「ファンの前でプレーできることは幸せ」

[ 2019年8月23日 18:46 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年8月23日    東京D )

<巨・D>2回2死三塁、右越え2ランを放ち拳を握る梶谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 この日1軍に昇格したDeNA・梶谷隆幸外野手が今季1号を放った。

 3―0の2回2死三塁。桜井のチェンジアップを最後は右手1本で右翼ポール際へと運んだ。昨年7月24日中日戦以来、実に395日ぶりの一発。「久しぶりの一軍出場で、これだけのファンの前でプレーできることは幸せなことだと、改めて感じました」笑みがこぼれた。

 チームは3連敗中。ラミレス監督は「攻撃面での起爆剤としての期待が大きい」と背番号3の昇格を決め「1番・右翼」で即スタメン起用した。「打撃の感じはいい」と話していた梶谷が、期待通りにバットで流れを呼び込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース