ヤクルト山田、母校・履正社に祝福の3安打「うれしい。刺激になる」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―4広島 ( 2019年8月22日    マツダ )

2回2死満塁、山田は左前に2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 母校・履正社の甲子園初優勝に発奮したヤクルト・山田哲が「うれしい。刺激になる」と3安打2打点と気を吐いた。1点リードの2回2死満塁から山口の外角低めの144キロ直球を左前に運んだ。この試合2安打目となる2点適時打。「コンパクトに打つことを心掛けた。しっかりと真っすぐを待って、真っすぐを捉えられて良かった」と振り返った。

 5回には塹江の直球をとらえて左翼への二塁打で猛打賞。「昨日、5タコだったけど、バットは振れていたので気にしなくていいかなと思っていた。イメージ通りの打撃ができた」と満足げな表情を浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース