ロッテ・ボルシンガー、7回無失点で今季4勝目「すべての面でチーム一丸になった勝利」

[ 2019年8月23日 22:14 ]

パ・リーグ   ロッテ3―0ソフトバンク ( 2019年8月23日    ZOZOマリン )

ロッテの先発・ボルシンガー (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテが連敗を2で止めて、ソフトバンクに13勝6敗とし、13年以来となる勝ち越しを決めた。

 先発のボルシンガーは7回を98球を投げて3安打無失点の好投で今季4勝目をマークした。「自分自身シーズンが始まってから、しっかりとしたピッチングが出来てなかったので、何とかチームに貢献できる投球をしようと常に思っていました」と話し、「先発投手として、しっかり試合を作るということを心に決めてマウンドに上がりました。しっかりとしたピッチングが出来て良かったと思います。今日はすべての面でチーム一丸になった勝利だと思います」と振り返った。

 一緒にお立ち台に立った井上についても「井上選手は、昨シーズンも自分の登板の時に良い仕事をしてくれて、今日も一緒にお立ち台に上がれて嬉しいですし、頼もしい存在です」と感謝した。

 最後に「ここまで調子は良くなかったですけど、皆さんの素晴らしい応援でここまで来ることが出来ました。残りシーズンもしっかり戦いたいと思います」と今後に向けて意気込んだ。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース