愛知ディオーネ・里が今季初完封「冷静に抑えていけた」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

日本女子プロ野球   愛知ディオーネ2―0京都フローラ ( 2019年8月22日    伏見桃山 )

無四球完封勝利を飾った里
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ夏季リーグは、愛知ディオーネが初回に3番・星川の右前適時打と6番・寺部の左前適時打で2点を先制。2回以降は追加点を奪えなかったが、先発・里が今季初完封でリードを守った。

 最終7回に1死二、三塁のピンチを招いたが、「いつも力んで失点してしまうので、冷静に目の前の打者を抑えていけました」と最後まで本塁を踏ませなかった。21アウトのうち、奪三振はわずか1で、フライアウトが13と、打たせて取る投球がさえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース