履正社・野口主将がV打 奥川の151キロ直球撃ち「しっかり叩こうと」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 決勝   履正社5―3星稜 ( 2019年8月22日    甲子園 )

8回2死二塁、岩崎の適時打で追加点の生還ガッツポーズする履正社・野口(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 勝手に体が動いていた。鮮やかな併殺でゲームセット。歓喜の輪に加わった履正社の主将・野口はもう泣いていた。「嬉し涙と、主将としてやってきたプレッシャーが(優勝で)なくなって…」。チームをまとめ上げ、引っ張り、捕手としても投手陣を支えた。全ての重圧から解放された安堵感が涙の理由だった。

 大仕事も果たした。3―3の8回1死三塁、奥川から決勝の中前打。1ボールから151キロ直球を捉えた。「スライダーを見逃し次は高めに来る。しっかり叩こうと」。低めを捨て、甘い球を仕留める奥川対策の実践。通学組のため、自宅での自主練で母由佳さん(49)にシャトルを上げてもらって打つ練習の成果だった。

 岡田監督、メンバー外の仲間とともに、自身の応援曲「君に届け」を歌う4人組ロックバンド「flumpool」のボーカルで、同じ中学出身の山村隆太にも優勝を届けた。

 昨夏の北大阪大会準決勝。勝利まであと1死と追い詰めながら大阪桐蔭に逆転負けした。あれから1年。「今日で(大阪桐蔭を)超えられたかなと思います」。涙は消え最高の笑みが浮かんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース