DeNA3連敗で4位・阪神と3・5差 わずか3安打 ラミ監督「打ち始めるしかない」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0―8阪神 ( 2019年8月22日    京セラD )

パッとしない打線に浮かない表情のラミレス監督(左から2人目)(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 DeNAは今季5度目の同一カード3連敗で、阪神戦は6年連続の負け越し。首位の巨人を追うどころか、4位・阪神が3・5ゲーム差まで迫ってきた。

 打線がわずか3安打で無得点。4回2死満塁で嶺井に代打・戸柱を送るなど早めの仕掛けも実らなかったラミレス監督は「最近4試合で計2点。そこが一番この結果を表している。ということは、この後打ち始めるしかない」と必死に前を向き、23日からの巨人戦(東京ドーム)を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月23日のニュース