ヤクルト山田哲、日本新記録の33連続盗塁成功 初回に今季28個目の盗塁

[ 2019年8月23日 18:29 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2019年8月23日    神宮 )

初回、山田哲は二盗を決める(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が初回、今季28個目の盗塁となる二盗を成功。33連続盗塁成功の日本記録を樹立した。

 山田哲は「3番・二塁」で先発出場し、初回2死一塁のバレンティンの打席で、初球に二盗を成功。昨年8月から続く連続盗塁記録を33に伸ばした。

 山田哲は21日の広島戦(マツダ)の初回に今季27個目となる二盗を成功させ、福田秀平(ソフトバンク)が2011年から2015年にかけて記録した32連続盗塁成功の日本記録に並んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース