中日 天敵・大瀬良討ちあざやか逆転勝利 与田監督「過去の悔しさを良い結果につなげられた」

[ 2019年8月23日 21:32 ]

セ・リーグ   中日4―1広島 ( 2019年8月23日    ナゴヤD )

<中・広>6回裏2死二塁、阿部の左中間適時二塁打で生還した高橋(手前)を拍手で迎える与田監督(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は天敵・大瀬良を打ち砕き、逆転勝利を挙げた。

 0―1の6回2死から福田の13号ソロで同点。さらにビシエドが中越え二塁打で続きチャンスメークすると、高橋が左中間を破る適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。阿部も左翼フェンス直撃の適時二塁打で追撃。

 今季3戦全敗、すべて完投勝利を許していた大瀬良を初めてマウンドから引きずり下ろすと、藤井も2番手・中村恭から適時二塁打を放ち、この回一挙4点を奪った。

 5連続長打による鮮やかな逆転劇に与田監督も「過去の悔しさを良い結果につなげられた」と満足顔。

 先発・ロメロも6回1失点と試合をつくり約1カ月ぶりの白星となる7勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月23日のニュース