マエケン 6回9K2失点の好投も勝敗つかず、チームはサヨナラ勝ち

[ 2019年8月23日 14:02 ]

ナ・リーグ   ドジャース3―2ブルージェイズ ( 2019年8月22日    トロント )

ドジャース・前田健太(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が22日(日本時間23日)、敵地トロントでのブルージェイズ戦に先発登板。6回を投げ9三振を奪い4安打2失点と好投したが、勝敗はつかなかった。チームは2点を追う9回、3点を奪いサヨナラ勝ちした。

 前田は2回、グリチャック、マッキニーの連打などで1死二、三塁とされ、フィッシャーのニゴロの間に先制点を許した。6回にはゲレーロにソロアーチを浴び、この回で降板した。

 前回登板の16日(同17日)のブレーブス戦(アトランタ)では、5回を投げ切ることができずに、4回2/3、87球で5安打3失点4四球9奪三振。チームが逆転に成功し勝敗はつかず、8勝8敗のままで防御率は4・18となっていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月23日のニュース