卓球日本男子、快勝発進 水谷隼が盤石の2勝 SNS被害「誹謗中傷がなくなってほしい」

[ 2021年8月2日 11:55 ]

東京五輪第11日 卓球 ( 2021年8月2日    東京体育館 )

第1試合のダブルスでプレーする水谷隼(手前)と丹羽孝希(ロイター)

 男子団体戦の初戦に臨んだ日本は、オーストラリアに1ゲームも落とさずにストレート勝ちした。

 水谷隼(32=木下グループ)は、丹羽孝希(26=スヴェンソン)と組むダブルスで、先陣を切って勝利。3番手を担ったシングルスでも、2ゲーム目に11―1で圧倒するなど、盤石の試合運びをした。

 混合ダブルスで金メダルを獲得した後、SNS上で心ないメッセージの被害を受けていることを明かした日本の大黒柱。この日の試合後に改めて「誹謗中傷がなくなってほしい」と世間の良心に訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース