ハンドボール男子日本 33年ぶり勝利で幕、土井「大きく変わるきっかけになった」

[ 2021年8月2日 05:30 ]

東京五輪第10日 ハンドボール男子1次リーグB組   日本31―30ポルトガル ( 2021年8月1日    国立代々木競技場 )

<日本・ポルトガル>前半、土井がシュートを決める
Photo By 共同

 日本は88年ソウル五輪以来33年ぶりの勝利を挙げたが、準々決勝に進めず敗退。全体で11位となった。

 主将の土井(ジークスター東京)は「最後の試合は日本ハンドボール界にとって、今後大きく変わるようなきっかけになったと思う」と目を潤ませた。3年後の五輪は、生まれた地のパリで開催。「まだ分からない。先のことより、チームのみんなと“お疲れさま”と楽しく終わりたい」と息をついた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース