寺田「いろんな方に支えられて走れた」女子100障害決勝逃すもサポートに感謝

[ 2021年8月2日 05:30 ]

東京五輪第10日 陸上 ( 2021年8月1日    国立競技場 )

<東京五輪 陸上 女子100メートル障害準決勝>13秒06で1組6位に終わり決勝進出を逃した寺田明日香(中央)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子100メートル障害準決勝でママさんハードラー寺田の挑戦が終わった。日本勢21年ぶりの準決勝。周囲より一回り小さい体で挑んだが、13秒06で1組6着に沈んだ。「あっという間に離された。悔しいしか今はないが、いろんな方に支えられて走れた」。

 一時期、7人制ラグビーを経験したことで、一人で戦うのは限界があると学んだ。18年の陸上復帰から、コーチ、栄養士ら10人ほどで「チーム明日香」を結成し力を付けてきた。周囲への感謝で初五輪を終えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース