円盤投げ女王は名門スタンフォード大出身 米オールマンが金メダル

[ 2021年8月2日 23:46 ]

東京五輪第11日 陸上女子円盤投げ決勝 ( 2021年8月2日    国立競技場 )

陸上女子円盤投げ決勝 68メートル98で優勝した米国のバラリー・オールマン
Photo By 共同

 19年世界選手権7位で今大会が五輪初出場だったバラリー・オールマン(26=米国)が、68メートル98をマークし、金メダルを獲得した。今大会の米国の陸上競技の金メダルは初めて。

 競技は途中から雨が降り出し、一時中断する不測の展開に。その中で1投目に唯一の68メートル台をマークしたオールマンがそのまま逃げ切った。

 実はオールマン、米名門のスタンフォード大の出身で、現在も同大の陸上チームに所属。メダリスト会見では「スタンフォードは私の夢だった。(競技面では)かなりの努力をした。戦略を立てて変化をもたらした結果」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース