フェンシング香港代表「ありがとう日本」 幸運の塩飴、おいしい豆腐…思い出を手に東京に別れ

[ 2021年8月2日 13:13 ]

フェンシング女子香港代表の江旻ワイ(AP)
Photo By AP

 東京五輪に出場したフェンシング女子香港代表の江旻ワイ(ワイはりっしんべんに恵、27)が2日までに自身のインスタグラムを更新。日本へ感謝のメッセージをつづった。

 「ありがとうございます#Tokyo2020」と日本語で感謝をつづり、「ありがとう日本。笑顔、ガンバッテ(のエール)、ラッキーキャンディ、おいしい豆腐…そして信じられない強さ」と記し、選手村からの絶景や「塩飴」の画像を公開。「日本人の寛容、忍耐、おもてなしに感謝します。サヨナラ東京」と東京に別れを告げた。

 フォロワーからは「あなたを誇りに思うよ」「お疲れ様、ゆっくり休んで」「素敵な日本食を食べて、それに感謝する。素晴らしい」「おかえりなさい!」「女神」「笑顔がかわいい!」などと続々と投稿が寄せられた。 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース