霊長類最強男を超えた 38歳ロペスヌメスが男子レスリング史上初の五輪4連覇 あのカレリンも逃した偉業

[ 2021年8月2日 20:42 ]

東京五輪第11日 レスリング男子グレコローマンスタイル130キロ級決勝 ( 2021年8月2日    幕張メッセ )

レスリング男子グレコローマン130キロ級のミハイン・ロペスヌメス
Photo By 共同

 レスリングの男子グレコローマンスタイル130キロ級で、ミハイン・ロペスヌメス(キューバ)が金メダル。「霊長類最強男」の異名を取り、無敵を誇ったアレクサンドル・カレリン(ロシア)の記録を塗り替え、男子史上初となる五輪4連覇の偉業を達成した。

 38歳のロペスヌメスは、08年北京、12年ロンドン、16年リオと圧倒的な強さで優勝。円熟の域に達した今大会も、最後までつけ入るスキを見せなかった。東京五輪前に今大会限りでの現役引退を表明。ライバルに影さえ踏ませず、ロペスヌメスは「伝説」になった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース