【男子バスケ】有能なフォワード陣出てきたが、育成年代からポイントガードの強化急務-中原雄の目

[ 2021年8月2日 05:30 ]

東京五輪第10日 バスケット男子1次リーグC組   日本77ー97アルゼンチン ( 2021年8月1日    さいたまスーパーアリーナ )

<日本・アルゼンチン>厳しいマークを受ける馬場(中央)
Photo By 共同

 日本はいい試合の入り方ができた。厳しいマークにあった八村が疲労もあってシュートの調子がよくない中、馬場が持ち味の突破力を発揮し、ガードの田中と比江島は前戦のスロベニア戦に続いて積極的にリングにアタックした。八村頼みにならずに得点を重ね、前半は課題のリバウンドもほぼ互角だった。

 後半は守備の強度の差が出たように思う。アルゼンチンの当たりの強さに、日本の選手たちは体力を削られて失速した。

 史上最強と言われたが、3連敗に終わった。海外組だけでなく、国内組の田中や比江島らが強豪国相手に戦える手応えをつかんだことは大きな収穫だ。課題はまだまだ多く、その一つはポイントガードの強化だろう。八村、渡辺雄ら有能なフォワード陣が出てきた一方で、ポイントガードは世界のトップとの差が大きい。今回対戦したスペインのルビオ、アルゼンチンのカンパソらは自分で得点も取れて、パスもできて、ゲームをコントロールできる。日本は本職ではない田中がポイントガードを務めなければならなかった。育成年代からポイントガードの強化は急務だ。(専大女子スキルコーチ)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース