“強制帰国”拒否の陸上女子選手を羽田空港で保護 IOCはベラルーシに報告書提出求める

[ 2021年8月2日 12:01 ]

国立競技場と五輪マーク
Photo By スポニチ

 国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・有明のメーンプレスセンターで定例会見を開き、ベラルーシの陸上女子選手クリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が羽田空港で保護されていると発表した。クリスツィナは“強制帰国”を拒んで亡命を求めているとされる。

 IOCのマーク・アダムズ広報部長は「彼女は羽田空港で保護を求め、現在は当局の保護下にあり、ホテルで安全に過ごしている。彼女の要望を聞き、今後どうするかを判断したい。ベラルーシのオリンピック委員会(NOC)には報告書を求めている」と話した。
 
 ロイター通信などによると、2日の陸上女子200メートル予選に出場予定だったツィマノウスカヤは1日夜、強制帰国させるためチームによって羽田空港に連れていかれた。代表コーチの手続きミスにより女子1600メートルリレーへの出場を一方的に決められたと批判したことでチームから外され、イスタンブール行きのトルコ航空便に搭乗させられそうになったため、日本の警察に保護を求めた。大会組織委員会の職員とも接触したという。帰国すれば投獄される恐れがあると訴え、オーストリアへの亡命を求めているとされる。

 試合出場予定にも関わらずツィマノウスカヤが選手村から連れ出されたとされる件について、アダムズ広報部長は「全容が分かっていない。ベラルーシの選手団の一部が帰国するということで、彼女もその一人だったということ」と説明。連れ出したベラルーシの関係者が誰か、どの当局が保護しているのかなどについては明らかにせず、「彼女が望むものが手に入れられるようにしたい。彼女とは昨晩話して今日も接触した」と明かした。

 ベラルーシでは強権支配を続けるルカシェンコ大統領が民主化運動を弾圧。大統領の長男ビクトル氏が同国オリンピック委員会会長を務めているが、IOCは認めていない。ベラルーシへの対応が手ぬるいのでは、と問われたアダムズ広報部長は「1年以上話し合いを続けている。NOCへは資金を拠出していない」と答えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース