男子100メートル界に新星!26歳ヤコブスが9秒80でイタリア初の金「夢だよ。夢」

[ 2021年8月2日 05:30 ]

東京五輪第10日 陸上 ( 2021年8月1日    国立競技場 )

男子100メートル決勝、9秒80のタイムで金メダルを獲得したヤコブス(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子100メートル決勝はラモントマルチェル・ヤコブス(26)が9秒80で制し、同種目でイタリアに初の金メダルをもたらした。過去3大会はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が絶対王者として君臨。新王座の行方が注目された中、競技歴は走り幅跳びの方が長いという新星が頂点に立った。

 「夢だよ。夢。ボルトの次に五輪で金メダル。信じられないよ」

 力強いストライドで中盤から加速してゴールを駆け抜けた。五輪初出場。銀メダルのカーリー(米国)は「彼のことは何も知らない」、銅メダルのドグラス(カナダ)は「イタリア人が9秒80で走るなんて」と驚いた。

 五輪前の自己ベストはイタリア記録の9秒95だった。31日の予選で山県亮太と同じ組で9秒94を出し、この日の準決勝は9秒84の欧州新。走るたびに記録を塗り替え、世界の頂点へと駆け上がった。

 米国人の父、イタリア人の母を持ち、米テキサス州生まれのイタリア育ち。自動車のF1観戦を趣味とする男が衝撃の走りで五輪の舞台にデビューした。

 ◇ラモントマルチェル・ヤコブス(イタリア=陸上男子100メートル)米国生まれ。五輪初出場。19年世界選手権で準決勝進出。21年世界リレーの男子400メートルリレー2位に貢献。26歳。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月2日のニュース