幅跳び王者は日本のアニメ好き「ドラゴンボール、NARUTO、ワンピースが好き」

[ 2021年8月2日 13:54 ]

東京五輪第11日 陸上男子走り幅跳び ( 2021年8月2日    国立競技場 )

男子走り幅跳び決勝で劇的な金メダルを獲得したギリシャのテントグル(AP)
Photo By AP

 最終の6回目に8メートル41を跳んだミルティディアス・テントグル(23=ギリシャ)が、劇的な逆転で金メダルを獲得。同種目ではギリシャに初のメダルをもたらした。

 16年リオ五輪は予選落ち、18年欧州選手権王者、19年世界選手権10位などの実績があるテントグルは、実は大変な親日家。6位入賞した橋岡優輝(富士通)も「結構、日本が好きで、アニメの話しとかをする。いいジャンプだったね、と話したら、“イヤホント、アブナカッタヨ”って日本語で言ってました」と話した。

 メダリスト会見に登場したテントグルは「最後は落ち着いて跳ぼうと思った。勝てたのは本当にラッキー」と喜びをかみしめた。日本に関する質問が及ぶと「日本のアニメが大好きで、日本も大好きなんだ。ドラゴンボールやNARUTO、ワンピースが好き」と話しにっこり。さらに日本語の披露をリクエストされると、「イヤダ」と言って笑わせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年8月2日のニュース