第101回(2019年)全国高校野球選手権

関東第一2枚看板 履正社打線に屈する 土屋は星稜・奥川と全中決勝の再戦ならず

 関東第一の土屋は5回途中から登板も、勝ち越しを許した。  「苦しい場面で託してもらったのでなんとか最少失点で抑えたかった」と無念の表情。6回にも履正社の4番・井上に走者一掃の左翼線適時二塁打を打たれ「すごいの一言」と脱帽した。  上一色中(東京)3年時、全国中学校大会に出場。決勝に進出し、宇ノ気中…

2019年8月18日 21:26

ニュース

もっと見る