履正社 甲子園初Vにあと1勝! 2年生右腕・岩崎が堂々の1失点完投

[ 2019年8月20日 12:20 ]

第101回全国高校野球選手権大会 準決勝   履正社7―1明石商 ( 2019年8月20日    甲子園 )

<明石商・履正社>履正社先発・岩崎のピッチング(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 準決勝第1試合は、3年ぶり4回目の夏の甲子園出場となった履正社(大阪)が7―1で明石商(兵庫)を下して初の決勝進出。聖地初優勝に向け、あと1勝に迫った。

 履正社は初回、1番・桃谷(3年)がセンターに打ち返した打球はあわやバックスクリーンという中越え三塁打。続く2番・池田(2年)は左前適時打を放ち、わずか10球で先制した。勢いに乗った打線は4番・井上(3年)の左前打で1死一、二塁とした後、5番・内倉(3年)の右越え適時二塁打、6番・西川(3年)の2点適時左前打で追加点を挙げ、この回、打者9人の猛攻で一挙4点。中盤にも1点を加え流れを作ると、9回にも野口(3年)の2点中前適時打で主導権を握った。

 投げては、2年生右腕・岩崎が準決勝の舞台で躍動した。コーナーと高さを丁寧につき、ピンチでも落ち着いた投球を披露。9回130球を投げ、6安打1失点無四球10奪三振の完投と堂々のピッチングを見せた。

 今春センバツ4強の明石商は5点を先制された直後に1番・来田()の先頭打者アーチで1点を返すも反撃及ばす。春夏通じて初の準決勝突破とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月20日のニュース