作新学院に「まぎらわしい」球審がサイン盗み疑い注意 小針監督は否定

[ 2019年8月19日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第12日準々決勝   作新学院3-6中京学院大中京 ( 2019年8月18日    甲子園 )

初回、作新学院の二走・横山の動きに対して注意をする大槻球審(右)(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 作新学院の初回の攻撃中、二塁走者の横山が球審に注意される場面があった。2死二塁で指摘を受けた横山は「額の汗を拭おうとしたとき、癖で人さし指を立ててしまった。“まぎらわしいのでやめなさい”と注意を受けた」。今春センバツでのサイン疑惑騒動もあり、日本高野連の竹中雅彦事務局長は「まぎらわしい行動があったんでしょう」と見解を示した。

 小針崇宏監督は「(サイン盗みは)全くそんなことはなかったんですけど」と否定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース