明石商“狭間ガッツ”今後も継続 押せ押せムードつくる

[ 2019年8月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会

練習で指示を送る明石商・狭間善徳監督
Photo By スポニチ

 明石商は兵庫県内の同校グラウンドで練習。3試合連続1点差を制し、派手なガッツポーズが話題となっている狭間善徳監督は「僕も選手の一人みたいな感じでやっていくと“よっしゃ、いこうか”みたいな雰囲気になる」と今後も“狭間ガッツ”を継続する。

 宇部鴻城戦で伝令を行かせる際に、ベンチ外に出たことを注意されたというが、ガッツポーズ自体はおとがめなし。準決勝ではエース・中森の先発が予想されるが「みんな、中森や思てるでしょ?」とけむに巻いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース