星稜打線爆発9得点 山瀬3安打3打点 履正社との再戦「楽しみたい」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 準決勝   星稜9―0中京学院大中京 ( 2019年8月20日    甲子園 )

7回2死二塁、適時二塁打を放つ星稜・山瀬 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 奥川にとっては十分すぎる強力援護だった。星稜打線が序盤から得点を重ねて、7回までに10安打9得点。8回からの2イニングは、エースを左翼で起用することに成功した。

 「1番が打つと盛り上がる。打線を引っ張るつもりでした」

 猛攻の口火を切ったのは1番・東海林だった。初回先頭で不後が投じた低めのフォークをとらえる中前打。続く今井の3球目には二盗を決めると、内山の右犠飛で先制のホームを踏んだ。2回2死一、二塁では2点目の右前適時打。早々に主導権を握った。

 「状態は良くなかったですが、みんなに打たせてもらった」

 試合の行方を決定づける一打は、主将の山瀬から生まれた。1点を追加した3回はなおも2死満塁。3番手・赤塚には2球で追い込まれたが、食らいついた。6球目の直球を中前にはじき返すと、これを中堅・高畠が後逸。塁上の走者が全て生還し、リードを安全圏の「6」に広げた。

 「履正社とは決勝まで当たりたくなかった。仲の良い野口主将とも“決勝でやろう”と。最高の舞台を自分たちらしく楽しみたい」

 3安打3打点した山瀬は、履正社との再戦決定に胸を躍らせた。今春選抜では初回に先制打。女房役としても、奥川を完封に導いた。「相手も必死だと思うけど、それ以上に練習してきましたから」。悲願の県勢初Vへ、力強く結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース