日本ハム ドラ指名候補絞り込む 大船渡・佐々木の1位指名は変わらず

[ 2019年8月20日 14:22 ]

 日本ハムのスカウト会議が20日、都内で行われ、今秋のドラフト指名候補を75人前後に絞った。内訳は高校約4割、大学・社会人約6割。大渕隆スカウト部長は「甲子園視察を終え、高校生はきょうのリストから指名する方針です。大学生は(秋季)リーグ戦を見てから絞ります」と語った。

 また高校日本代表が出場する「WBSC U―18ワールドカップ」(30日~、韓国)には遠藤良平GM補佐、大渕部長ら4人を派遣予定だ。

 もちろんすでに公表済みの大船渡・佐々木朗希を1位指名する方針は変わらない。当該年のNo.1選手を競合覚悟でドラフト指名する姿勢にブレはない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース