ソフトバンク 東浜が指のけいれんで7回途中で緊急降板もリリーフ陣が3回パーフェクト

[ 2021年6月24日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―1ロッテ ( 2021年6月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>7回、右手指がけいれんした東浜(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの東浜はアクシデントで緊急降板となった。7回、先頭の安田に4球目を投げ終えたところで右手の人差し指と中指がけいれん。そのままベンチ裏に消え、6回0/3を5安打1失点で勝ち負けはつかなかった。「悔しいし中継ぎの方に申し訳ない」。工藤監督は「(試合後には)治っていました。次(の登板に)は問題ないということ」と軽症に安堵(あんど)していた。

 リリーフ陣が東浜の途中降板後をパーフェクトに抑えた。2番手の嘉弥真は7回、安田にカウント2―2の場面から登板。見逃し三振に斬るなど、3人で片付け「準備はしていたので、いい緊張感を持ってマウンドに上がることができました」。8回を板東、9回は岩崎がそれぞれ三者凡退。工藤監督は「頑張ってくれていると思います」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース