吉兆かも!?阪神・ガンケル 虎の助っ人史上3人目の開幕6連勝 過去2例はいずれも優勝年

[ 2021年6月24日 21:39 ]

セ・リーグ   阪神6-0中日 ( 2021年6月24日    バンテリンD )

<中・神(11)> 6回2死、中前打を放ち笑顔のガンケル(右はビシエド)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のガンケルが球団の助っ人史上3人目となる開幕から無傷の6連勝を飾った。これまでの2例は64年バッキーと03年ムーア。いずれの年もリーグ優勝しており、首位を独走する今季の「吉兆データ」の一つとなりそうだ。

 「いい投球をすることができました。ゴロを打たせることができて、梅野がいい配球をしてくれたので、いいテンポができた。野手のみんなもすごくいい守備をしてくれた。そのおかげ」

 温厚な性格の長身右腕らしく、ヒーローインタビューでは仲間に感謝。自身の6連勝だけでなく、登板した9試合は全てチームが勝利しており「自分が投げた試合で何とかチームの勝ちに貢献できるように心から思っています」と、どこまでも優等生だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース