オリックス ついに連勝「11」でストップ 増井で始まった連勝街道は増井5失点で終了

[ 2021年6月24日 21:15 ]

パ・リーグ   オリックス2-5日本ハム ( 2021年6月24日    京セラD )

<オ・日(11)>4回無死、野村にソロ本塁打を打たれた増井 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスが日本ハムに敗れ、6月22日の中日戦(バンテリンドーム)から続けていた連勝はついに、11でストップした。

 先発・増井は初回2死走者なしから連打を浴びて先制点を失うと、3、4回に失点。味方が2点を返して2―4とした直後の5回にも失点を喫し、5回8安打5失点で降板。増井の好投から始まった連勝街道は増井の登板日に止まった。

 打線は4点を追う4回。無死二、三塁から無安打で2点を挙げるなど身上の粘り強い攻撃を貫いたが、初対戦となった日本ハム先発のルーキー・伊藤を捉えきることができなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月24日のニュース