ソフトB・柳田“令和の怪物”攻略!先制17号ソロ&勝ち越し適時打「いいところに飛んでくれた」

[ 2021年6月24日 19:57 ]

パ・リーグ   ソフトバンクーロッテ ( 2021年6月24日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>6回1死三塁、適時打を放つ柳田(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が“令和の怪物”をマウンドから引きずり下ろした。

 2―2の6回1死三塁で先発・佐々木朗と3度目の対戦。カウント1―2からの5球目、外角フォークの変化後を両リストで中前にライナーで運ぶ、勝ち越し適時打を放った。

 佐々木朗は続く栗原に四球を与えた後、84球で降板した。初回2死での先制の17号ソロに続く2打点目を刻んだ柳田は「チャンスだったので必死に食らい付いて打ちにいきました。いいところに飛んでくれました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース