中日・福谷「何本打たれても気持ちは絶対逃げない」 プロ入り自己ワースト12被安打も強気の攻めで4勝目

[ 2021年6月24日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-2阪神 ( 2021年6月23日    バンテリンD )

<中・神(10)>走者一掃の適時打を放った堂上(左)と勝ち星を挙げた福谷はお立ち台でドアラと共にグータッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の福谷がプロ9年目で自己最多の毎回12安打を浴びながら、7回2失点に抑えて4勝目をつかんだ。“怪投”でも「阪神は打線がいい。何本打たれても気持ちは絶対に逃げないとマウンドに上がった」と胸を張る。

 4回無死一、三塁で糸原を内角直球で遊ゴロ併殺に仕留めるなど、無四球の強気の攻めが奏功し、「どんどん勝負して結果が出た方が、球数少なくイニングを投げられる」と手応えを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース