フレッシュ球宴 阪神から西純、及川、井上、小野寺の4人選出

[ 2021年6月24日 15:39 ]

西純矢
Photo By スポニチ

 7月15日に松山で開催される「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2021」に阪神から2年目の西純矢投手(19)、及川雅貴投手(20)、井上広大外野手(19)、小野寺暖外野手(23)の4選手が選出された。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大で中止となったことで今回、全員が初出場となる。19年ドラフト1位の西純は5月19日ヤクルト戦でプロ初先発初勝利。それに続くように及川も同30日の西武戦で救援し、プロ初勝利を挙げた。1軍ではここまで7試合に登板して、防御率1・86の成績を残している。育成出身の小野寺はウエスタン・リーグで打率2位につけるなど好調を維持。1軍では6月10日の日本ハム戦でプロ初安打を放った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース