エンゼルス、大谷登板試合で捕手不在“緊急シフト”外野手→捕手、投手→左翼守備に

[ 2021年6月24日 09:13 ]

インターリーグ   エンゼルス3―9ジャイアンツ ( 2021年6月23日    アナハイム )

<エンゼルス・ジャイアンツ>先発し6回6安打1失点と好投したエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスは23日(日本時間24日)、本拠地アナハイムでのジャイアンツ戦で、外野手が捕手に、投手が左翼の守備に入る“緊急シフト”を強いられた。

 同点の延長12回に捕手のスズキが打球を受けて負傷交代。野手全員を使い切っており、右翼のウォードが捕手に、ベンチにいた投手のキャニングが左翼に入る“緊急シフト”を敷いたが、勝ち越しを許した。左翼に打球が飛ぶことはなかった。エ軍は延長13回に7点を勝ち越され3―9で敗れ、借金2となった。

 この試合で、大谷翔平投手(26)は「2番・投手」で投打同時出場。6回105球を投げ6安打1失点、9奪三振で降板し、勝敗はつかなかった。球速の最速は159キロで防御率は2・58、打っては3打数無安打だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月24日のニュース