ヤクルト・村上 自打球で交代も骨に異常なし 高津監督「凄く時間がかかるわけではない」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5広島 ( 2021年6月23日    マツダ )

<広・ヤ>4回、自打球が右足に当たる村上(撮影・成瀬 徹)             
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上が4回の打席で自打球を右膝に当て、直後の守備から退いた。試合中に広島市内の病院で検査したが骨に異常はなく、一度球場に戻ってアイシング治療を続けた。

 侍ジャパンの稲葉監督が視察する前でのアクシデント。高津監督は「凄く時間がかかるわけではないと思う」と話し、24日は当日の状態を見て出場するかを決める方針だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月24日のニュース