ロッテ・ドラ1鈴木 引き分けも再昇格初登板で6回1失点好投「スライダーも真っすぐも良かった」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―1ソフトバンク ( 2021年6月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>ロッテ先発の鈴木(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・鈴木は6回1失点と好投したが、4月25日の同カード以来となるプロ2勝目はならず。とはいえ1軍再昇格初登板で結果を残し「スライダーも真っすぐも良かった」と手応えをにじませた。

 打線は初回に角中の適時二塁打で挙げた1点のみに終わり、今季10度目の引き分け。井口監督は「鈴木はいい投球をした」と評価しながら「打線はチャンスをつくったけど、もう一本ですかね」と嘆いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース