フレッシュ球宴 西武からは3人出場 リーグ2冠のドラ1・渡部「長打力を見せたい」

[ 2021年6月24日 15:00 ]

(C)球団提供
Photo By 提供写真

 「フレッシュオールスターゲーム2021」(7月15日、松山坊っちゃんスタジアム)の出場選手が24日、発表され、西武からはドラフト1位・渡部健人内野手(22)、同2位・佐々木健投手(25)、綱島龍生内野手(21)の出場が決まった。

 渡部は23日現在で11本塁打、32打点のリーグ2冠。「坊っちゃんスタジアムは大学時代にプレーしたことがあって、とてもきれいな球場という印象。自分の持ち味である長打力を、松山のファンの皆さまの前で見せることができるよう頑張ります!」と話した。

 23日の楽天戦でプロ初先発した佐々木は「選出していただき大変光栄。いい投球ができるように頑張ります」。入団4年目の綱島は「めっちゃうれしい。なかなかない機会。楽しんでプレーしたいと思います」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月24日のニュース