広島 ヤクルトに6連敗…佐々岡政権最大借金14「今日は九里がすべて。先発は責任を持って」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-8ヤクルト ( 2021年6月23日    マツダ )

<広・ヤ(9)>3回1死一、三塁、オスナに3ランを浴びた九里(撮影・成瀬 徹)             
Photo By スポニチ

 広島は乱打戦に敗れヤクルト戦は11年ぶりの6連敗となり、佐々岡政権2年目にして最大借金14を抱えた。

 九里が今季最短の4回で今季ワーストの10安打7失点KO。1点優勢の3回、松山の失策で同点とされ、なおも1死一、三塁でオスナに特大3ランを被弾し5敗目を喫した。

 佐々岡監督は「今日は九里がすべて。(昨日の大瀬良)大地にしろ、先発は1週間の調整期間があるわけだから、責任を持ってやってもらいたい」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月24日のニュース